So-net無料ブログ作成

ヘレン ケラー生家 [ドライブ]

植物園に行ったその翌日に、ハンツビルから車で約1時間半のところにあるタスカンビアという街に行ってきました。(植物園の記事を読んでみたいあなたは前記事前々記事へレッツゴー!)

タスカンビアはヘレンケラーの生家があるところです。家の中を見られるようになっているということなので、行ってきました。


P1030924.jpg
ヘレンケラーの生家。なんでこんなに豆粒にしか映ってないかというと、ここはただの事務所かなにかでもっと奥に立派なお屋敷があると思ってたんです。私の中でヘレンケラーはお嬢様というイメージがあったので・・・。実際お嬢様ですが、予想に反してこじんまりとした可愛らしいおうちでした。でも敷地はものすごく広い!!!



P1030926.jpg
とっても有名な井戸。ヘレンケラーが「ウォー、ウォー(water)」と叫んだところ。井戸から流れ出て自分の手を伝うモノが「水」で、それを「ウォーター」と発するのだということを悟った場所。歴史的な一場面があった場所に来られて感動しました。




P1030929.jpg
母(私)が感動しているのをよそに偉大なヘレンケラーの家の庭を、さも自分の庭であるかのように走り回るライナス。



P1030933.jpg
お庭の一部分。木がたくさんありました。この日はとってもお天気が良く、木漏れ日がきらきらしていました。ここではありませんが、お庭の一部に「奇跡の人」を上演をする屋外の舞台が設置されているところもありました。




P1030953.jpg
家の中。ここはリビングです。家に置いてある80%のものが当時のものらしいです。



P1030954.jpg
リビングの片隅に置いてあったオルガン。ピアノじゃなくてオルガンというところがなんとなくかわいらしいと思いました。これでヘレンケラーは何か弾いてたのかなぁ。




P1030956.jpg
リビングの斜め向かいにあるヘレンのご両親の寝室。ベッドにはクレイジーキルトのベッドカバーがかけられていました。ベッドの隣に置いてあるドレッサーにはヘレンが実際着ていた洋服がかかっていました。




P1030959.jpg
二階に上がって。ここはヘレンの兄弟の部屋。




P1030961.jpg
兄弟の部屋の向いにヘレンとサリバン先生の部屋。寝起きを共にしていたそうです。右の低いベッドにヘレンが寝ていて、左のベッドにサリバン先生が寝ていたそうです。ヘレンのベッドが低いのとか、ヘレンとサリバン先生のベッドが合い向きになってるのを見ていろいろ工夫していたんだなぁと思いました。




P1030963.jpg
ヘレンのベッドに掛けられていたキルト。グリーンとホワイトのさわやかでかわいい柄でした。



P1030968.jpg
サリバン先生のベッドのキルト。



P1030974.jpg

P1030975.jpg
一階に戻って。リビングの隣にはヘレンの写真や当時使っていたもの、海外から贈られたものなどが展示されていました。


本当はもっと細かく説明したかったんですけど、ライナスがひとしきり庭で遊んで疲れたのか家の中に入るときにものすごく機嫌悪くて泣きわめいてたので、マッハで写真をとり退散したおかげでこんな簡単な記事になってしまいました。


私が小学生の時に伝記でヘレンケラーを読んで、ヘレンもとても偉大だと思ったけれど、それよりなによりサリバン先生の偉大さは計り知れないなぁと子どもながらに思ったものです。いろんな伝記を読んだけれど、ヘレンケラーはとても感銘をうけた一冊だったので、私の中では思いれが強く、今回こうしてヘレンケラーの生家を訪ねることができて本当によかったです。

車でほんの1時間半。また行きたいなぁ。


nice!(4)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

nice! 4

nice!の受付は締め切りました

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
NOBU

中まで観られるのですねぇ。へぇ〜こういう所に住んでたんですね。
by NOBU (2009-04-17 18:15) 

さちえ

sheriさんへ。
はじめまして。nice!ありがとうございます。



NOBUさんへ。
はじめまして。nice!&コメントありがとうございます。
そうそう、私も「へぇ~」という感じでした。洋服も当時のものというのが驚きました。

by さちえ (2009-04-18 02:49) 

さちえ

メイプルハウスさんへ。
nice!ありがとうございます。
by さちえ (2009-04-23 11:58) 

さちえ

くらいふさんへ。
nice!ありがとうございます。

by さちえ (2009-05-03 10:08) 

松本昭子

はじめまして
主人がハンツビルの会社で仕事しているのでしばらくの滞在で日本からきています。ヘレンケラーの生家に行きたかったのでとてもこのブログに助けられました。明日行く予定です。
もうひとつどうしても行きたい場所があり、クラークソンカバードブリッジというカルマンにある屋根のついた橋なのですが、、、、ハンツビルからどのように行くか御存知ありませんか?もし御存知であれば教えてください。それから日本で託児所と障がい者の通所施設をやってましてハンツビルのプレスクールや障がい者の施設を見学したいのですがそういう問い合わせをする公的機関か何か御存知ないでしょうか?突然すみません。もしわかれば教えてください。
by 松本昭子 (2010-02-20 02:55) 

さちえ

松本昭子さんへ。
はじめまして。コメントありがとうございます。
ヘレンケラーの生家、楽しんできて下さい。
それといくつか問い合わせいただいた件についてですが、
お名前のところにリンクされていたメールアドレスに
回答させていただきました。
全く見当違いの回答かもしれません。ごめんなさい。
by さちえ (2010-02-20 15:23) 

bubu

宿題にこの写真を使ってよろしいでしょうか?

歴代人物を調べてレポートにまとめるんですが…


写真が全然なくて(汗)
by bubu (2012-08-10 10:57) 

bubu

ライナス君?(間違っていたらごめんなさい)がのっている写真意外です。家具や食器などの写真です。
by bubu (2012-08-10 15:58) 

NO NAME

字を間違えました(;゜0゜)
以外ですね。
by NO NAME (2012-08-10 15:59) 

さちえ

bubuさんへ。
お返事が遅くなってすみませんでした。
レポート間にあうかな?
このヘレンケラーの記事内の写真だけですよね?
息子の写真以外ならどうぞお使いください。
ただ記事内容については正確かどうか分からないので、
参考にしないでください。
by さちえ (2012-08-13 15:33) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。